サーバーエラーから復活したビットリージョン!

3/3ビットリージョンが遂にアクセスできなくなりました。

その後、丸一日アクセスしようとしても画面が真白な状態でアクセスできません。

ついに破綻したのか!?

いろんなところで「破綻」「ついに飛んだ!」だの噂が広がりました。

3月4日、何度目かのビットリージョンへのアクセスでしてみると運営者からこんなメッセージが出て繋がりました!

「私たちのウェブサイトはデータベースインジェクションとDDoS攻撃のためにダウンしました。私たちはかなりの数のチケットとメンバーからのサポートリクエストを受け取りました。私たちのウェブサイトが再び戻ってきたことをお知らせし、時折、データベースをもう一度整理するようになるでしょう。辛抱強くお待ちください。BitRegionを引き続きサポートしていただきたいと思います。ありがとうございました」

どういうことか簡単にいうと

「ハッキングに遇ってましたが、持ちこたえて無事復帰しました!」

っていうことです。

この復帰自体もうれしいことですが、このハッキング事件でわかったことはビットリージョンは無くならないということです。

こんな朗報はありません!

ビットリージョンの運営者は過去にも、サーバーのデータ転送能力の限界が近づきアクセスしにくくなった場合にサーバーを増強するなど対策を取ってきていました。この対策をした時期は、まだPHやGHがスムーズに行われていたときの対策でした。

ただ、3月3日のサーバーエラーは「GHができない」「Queueが進まない」等の問題が表面化し皆が疑心暗鬼になっている状態でのエラーです。これには多くの人が破綻を想定したと思われます。

しかし、ビットリージョン運営者はこんな状況にも関わらずハッキングにもはっきりとした対策を取ってくれました。そして上記のメッセージを送ってくれました。

以前にも書きましたが、サイトを飛ばすならとっくに飛ばしているはずです。そんなタイミングは何度もありました。

運営者のメッセージの中に「辛抱強くお待ちください」という文面があります。

つまり今起こっている問題「GHができない」「Queueが進まない」はいずれ解消する問題なのでもう少し待ってくれ!と言っているわけです。

私が今できることは何もありません。「待ってくれ!」と言われなくてもGHできない状態ですから、この状態で新たにPHするほどの資金もありませんし、GH(引出し)できないものを知人に紹介することなど私にはできません。何といっても信用第一ですからね!待つしかないのです!

ちなにに私がしているGHは1月10日にした1BTCです。現在のQueueは12293!

ここ1週間ほどまったく進んでません~

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク