今ネットで流行りのポンジスキーム!これだけは知っておくべき

やっぱりポンジスキームだった件

残念ながら1/31アトミックビットコインサイト閉鎖されました。

1/18に0.2BTC寄付し、時利0.03%の投資を行っていましたが、元金まであと1日のところでついに力尽きてしまったようです。

どう考えても閉鎖しどきですですからねぇ

先日の記事でも書きましたがやはり持ちませんでした。

HYIPサイトはいつ閉鎖するのか?飛ぶ理由は寄付金額の大きさ!

サイトの出来が良いとか言っていた人もいましたが、そんなもの端から信じてはいけません。

こんなこともありますから(^^ゞ

もともとポンジスキームだと承知の上でやるべきことで最大金額を投資などしたら飛ぶのはほぼ確定です。どんなに資金がある場合でもMAX投資は避けるべきでした。

(ちなみにこのポンジスキーム!とはチャールズポンジという詐欺師の名前が由来です。同じチャールズでも私が信じてるのはチャールズダウのダウ理論です。)

別のサイトで「元金回収できたから本物でした!」的な投稿をしてるブログもありますが、ポンジスキームの本質を知らないだけなのか、他人を陥れて紹介料取ることしか考えてないのかわかりませんが、ほんとネットって嘘だらけです。

どうしたら詐欺にあわないのか?

投資する以上、損をすることは前提として取り組まなければなりませんが、詐欺られるほど悔しいことはありませんね。今回のアトミックビットコインはなぜ破綻したのかと言えば、詐欺だったから!これだけです。詐欺だと見抜けずに投資するのと詐欺だとわかった上で投資するのでは根本的に違います。詐欺(ポンジスキーム)だと承知の上で賭けるならいいんではないでしょうか?ポンジは安心させるために最初のうちは利息を払います。そのため最初のうちは儲かる可能性もあるんです。そこの可能性に賭けるならアリだと思うんです。しかも少額でなら。宝くじ買ったと思える程度なら!

つまりうまい話は詐欺だと思っておけばいいんです。詐欺にあわないのではなく詐欺だと思って出口戦略を考えれば!

出口戦略

それを理解した上でいつが潮時かを考えます。

運営者(詐欺師)の心理を考えてみたら、回収金額が大きくなった最初が危ないのです。特にカモが預け入れた金額が投資額制限いっぱいだった場合、せっかく入った限度額いっぱいの20BTCの利益を失いたくないと思うのは当然です。(今回の限度額最大値は20BTC)なぜなら日を追うごとに得た回収金額は減っていく上、投資限度額いっぱいのためカモが複利運用する可能性はないわけですから。(※今回のアトミックビットコインはフリーメールのアドレスさえあれば何個でもアカウント作ることができましたので複利運用でもできましたが・・・)

それが余計に怪しかったです。無くなって当然と言えば当然です!

私が仮に運営者だとしても持ち逃げします。

もう一つは最初に投資額が回収できたときです。

今回はこの二つが重なる時期が2月初旬から中旬だったのですが、さらに閉鎖が早かったです。

今回は元本を出金できない案件のため仕方ないですが、もし元本出金できるタイプの投資ならMAX投資する者が現れたら潮時だと覚えておきましょう!

皆さんの投資額を見ると比較的少ない金額を投資していたようなので、一人ひとりの被害は少ないのが救いですが、後半徐々に投資額が大きくなってましたのでもっと考えて投資しましょう。

まあ今回は安く勉強できたということで自分的には良しです。

今回の投資額 0.2BTC

回収額    0.191BTC

最終損益   -0.009BTC

高利回りの投資は少額でスタートです!くれぐれも!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク