下降ダウ継続!売りトレードで1勝1敗!

昨日①と今日②のトレードです。

昨日は損切( ;∀;)

①の売りです。

売りの根拠はオレンジの下降波動です。

この波動が効くんではないかと思ったんですが、

あいにく直近のグレーの波動が高値を切り上げていたので

そちらが強く作用しました・・・

その後、Aのレジスタンスゾーンでのプライスアクションは

織り込み済ですから、ここから買いで入ることはありません。

Aのレジスタンスゾーンは白の下降波動が作った

プライスアクションで描くことができます。

ここで重要なのは上位足は下降ダウだということ。

下降ダウなので狙うのは売りのみです。

欲を出してグレーの上昇波動を根拠に買いで入ろうと考えたら

うまく行くときもあるのですが、結局トータルすると

トレードやらなければよかったね(^-^;ということになります。

(僕の場合はですが( ^ω^)・・・)

その後、白のサポートラインを下にブレイクすれば、

今度は白〇のところで戻り売りしようと思ってました。

この作戦は昨晩立てたトレードプランです。

その後、思ったような戻りはなく、下降していきました。

その下降で今度はBのレジスタンスゾーンができましたので、

(プライスアクションがあった)

そこで頭を押さえられたのを確認し②で売りでトレードしました。

エントリー後、30分くらいしてズボズボと落ちはじめた。

このチャートには表示していませんが上位足のサポートラインに

タッチしたところで利確しました。

ここは上位足からの下降(推進波)なので

その後も売りを狙ってもよいところです。

ちなみにトレードするとしたら利確した直後の148.78で売りです。

なぜなら上位足のロールリバーサルラインはそこにあるから。

②の売りでのトレードは本来なら見れてないのですが、

今日も仕事を抜けて自宅に帰ってましたので

良い感じでエントリーできました(^◇^)

プライスアクションとはその瞬間での投資家の心理状態です。

このラインを超えたら売りたい。買いたい。ということを

突き詰めていけばサポレジゾーンが見えるようになります。

サポレジゾーンとは売り勢力と買い勢力の戦った痕跡です。

そこで売りが力尽きれば相場は上がり、買いが力尽きれば

相場は下がります。

その痕跡を見つけるのがプライスアクションです。

ローソク足の形状やチャートパターンなどはプライスアクションの一つです!

そういえば明日(すでに今夜ですが(^^;))は雇用統計ですかね?

流れは下なので上にぶっ飛ばないでほしいですね~

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク