「 FX 」一覧

トレードしなかったのは下降ダウだけどサポート付近だから!

トレードしなかったのは下降ダウだけどサポート付近だから!

今日はノートレードです。日曜のブログで書いてたように本日は②の戻り売りの番でした。下記記事参照↓ポンド円は現在下降ダウ?明日の相場予測!この記事のようにあらかじめ予測をしているので戻り売りを狙うことができるのですがその後のチャートを見るとこうなります。②のポイントはダウ理論の本質を分かってないと売れないですよね。短期的に見たら押し目買いしたくなりませんか?なぜ日曜日にレジスタンスゾーンを設定していたのかわからないといけませんのでスキャルパーや初心者には難しいポイントです。もっともスキャルパーなら少しだけある上昇を獲ってますけどね。

サポレジをブレイクした後の押し目買いは鉄板トレード!

サポレジをブレイクした後の押し目買いは鉄板トレード!

昨日と今日のトレードです。1勝1敗!まずは昨日の失敗トレードこれはかなりミスしました。当初の損切位置は黄色の×印(^^ゞ水色の波動が根拠で買いでトレードしましたが・・・「水色の波動は継続する」というのが根拠なので本来ならこの波動の下に損切をおくべきで実際に黄色位置に損切は置いていました。しかし・・・押し目買いの根拠となったサポレジゾーンを下にブレイクしたため、途中でこりゃダメだ~~~ って感じになってしまいました。

投資家心理は直近だけ見てもダメ!チャートの左端からプライスアクションを見る!

投資家心理は直近だけ見てもダメ!チャートの左端からプライスアクションを見る!

まずは「売り」!これは赤の下降波動を見ています。その中でさらに小さなプライスアクションを見て下降ダウだと判断して「売り」です。但し、この「売り」はもし落ちたらもったいないから微妙だなぁと思いながらのトレードです。なぜなら下位足を下降ダウと取るか上昇ダウと取るかで判断が正反対になるところですから。これには黄色の上昇波動も関係してきます。さらに黄色のサポレジ(水平線)との関係も。黄色の上昇波動が強いなら黄色サポレジ(水平線)付近のもみ合いのプライスアクションは押し目買いのところ。赤の下降波動が強いなら戻り売りのところです。つまりは揉みあい易いというエリアです!

スポンサーリンク